【ネットで継続的に稼ぎ続けるコツ】都会から離れ、新潟で稼ぎ続けるだいさんと通話して一皮向けたお話。

こんにちは
なべしんです。

 

先日「田舎で稼ぐ人を応援する」
をモットーとして活動している
だいさんと電話でお話しさせて頂きました。

>>だいさんのブログはこちら

 

 

だいさんは

・元々超絶ブラックな児童指導員

・ネットだけで月に30万円ほど売り上げ

・大自然あふれる新潟でマイペースに生活中

・月収100万円をコンサル生も多数輩出

・心理学の知識を応用したセールスが得意で
 人のタイプを瞬時に見抜き
 なんでも売れちゃうヤバイ人(褒め言葉)

 

オフラインでお話ししたり
お酒を飲んだりする機会もありましたが

とにかくビジネスの知識が豊富で
現在も自己投資を欠かさず
常に知識をアップデートしています。

 

バリバリのビジネスマン
ではあるのですが

 

SNS の発信を見てもわかるとおり
優しい人柄に溢れ、親しみやすい方です。

 

・・・で、
今回お話しすることになった経緯としては

 

僕が個人的に
今後のビジネスの方針、SNSの運用方法など

迷走している部分が多くあったので
個人ラインで相談したところ

 

「ぜひ、お話ししましょう!!」

 

と快く了承してくださり
急遽電話でお話しすることになりました。

 

こういったGIVE精神が
多くのファンを生むんだろうなーと
この時点から感じていました。

 

だいさんとお話しして学んだことは
とても多いのですが

今回は中でも特に大事だと思った
「継続的にものが売れる仕組みづくり」
についてお話ししていこうかなと思います。

 

「継続的に」物を売れる人は少ない。

 

だいさんも言っていたのですが

「自動化とかマネタイズのポイントを作る事が
 できていない人がめちゃくちゃ多い」

 

これ本当にそうだなって思いました。

 

労働して単発で稼ぐことはできても
そこから継続的に稼いでいる人は
なかなかいない。。。

 

先の見えない不安に駆られながらも
何も動かないことはできないから

とりあえず目先のお金を稼ぐために
毎日ひたすら同じ作業を繰り返してしまう。

 

毎日毎日ブログを書いているけれど
アドセンスの広告いつ踏まれるのかなー

と願うばかりで
売り上げを自分でコントロールできない。

 

案件をこなし、売り上げが入って
喜んだのも束の間。

「あれ?また営業して
 案件とってこないと収益上がらないじゃん」

そういってクラウドワークスで
自分でこなせそうな案件を探す日々。

 

実際、こう言った状況に陥る人って
すごく多いんですよね。

 

本当少し考え方を変えたり
今回お話しする内容を押さえておくだけで
勝手にものが売れるようになるんですよね。

 

単発ではなく
継続的にものが売れるようになると

今まで抱えていた将来への不安は
跡形もなく消え去ります。

 

お金や時間の不安が消えた生活って
本当に楽しくて

「人生の幸福とは?」
みたいなことも考えられるので

人としての魅力が磨かれていき
現実世界でも人が付いてくるように。

 

ネット上だけでものが売れるので
働く場所に囚われることもない。

だいさんも新潟の田舎から発信を続け
自然あふれる生活を送り続けています。

 

羨ましい。。。

 

これだけ聞くとすげー怪しい。
胡散臭い話に聞こえちゃうんですが

 

実際だいさんが教えている生徒さんは

 

ネットで仕組みを作り
月に100万円を稼ぎ出し

何を売っても
お客さんが感謝の言葉を述べて
購入してくれる。

という状態にあるんですよね。

 

僕の過去の常識の中では
絶対にアリエナイ存在だったのですが

だいさんとお話ししていく中で

「僕も継続的に稼げるかも」

と自分の中での常識が
変わっていくことを感じました。

 

なのでイメージだけで
「怪しい」「詐欺だ」という
マインドブロックを作らずに

最後まで読み進めてもらえれば
継続的にものが売れる未来に
近づいていけると思っています。

 

物が売れる本質は単純だった

 

結論から言ってしまうと
継続的に物を売るために必要なのは

 

人からの「信頼」です。

 

すごく本質的なところなので
「いや、そんなことわかってるわ」
と思う方も多いかもしれませんが

 

「セールスレターのここをいじって…」

「新しいノウハウを得て
 バンバン稼いでやるぜー!!」

 

みたいな人が増えていたせいで
気づかないうちに

忘れてはいけない本質的な部分を
無視している方が多いです。

 

あなたはどうでしょう??

 

自分のビジネスの邪魔になるものに対して
遠回しであっても
批判的な声をぶつけていませんか?

 

今月中に○○します。
自分で宣言したのにもかかわらず

数日経ったら忘れて、約束を果たさない。
そんな嘘つきにはなっていませんか?

 

お客さんが物を買う瞬間は

「この商品は有益だ」
と思った時ではありません。

「この商品は質が高い」
と思った時でもありません。

 

「この人からだったら買っても大丈夫だ」
と思った瞬間です。

 

だいさんと話していて
これはずっと胸に刻んでおこうと
思いました。

 

「この人のために何かしたいとか
 自分のコンテンツを通して人を変えたい」

「そう思っている”マトモな人間”ほど
 これから先も稼ぎ続ける事ができる」

「だからまずは人として
 マトモな人格にならないとね」

 

信頼を得るためにやれることは?

 

人から信頼を得られることで
継続的に物が売れることはわかったけれど

一体「信頼」ってどうすれば
付けられるのかなー?
とだいさんと通話した後考えていました。

 

まず自分の中で
信頼できる人ってどんな人だろう?
と思いうかべて

紙に書いて出してみたところ
11個ほどポイントがありました。

 

 

それぞれの人に共通するポイントを
探した結果僕の中では

「相手の事を思って
 先回りして物事を考えられる人」

が大きな信頼を
得るのではないかと思います。

 

約束を守らなければ
相手の時間を無駄にさせるかもしれない。。。
だから約束は守るようにする。

自信がなければ
聞き手はもっと不安になるかもしれない。。。
だから自信を持って話す。

 

この人と関わることによって
自分にはメリットがある。

そう思ってもらえる事が
信頼だと個人的に思っています。

 

相手のことを思って先回りをするためには
常に相手に関心を持って
些細な変化に気づく事が大切です。

 

「自分ってなかなか気が利かないんだよね」

と思っている人はおそらく
他人に興味すら
持っていないのではないでしょうか?

 

好きな人と付き合いたいと思ったら
信頼を獲得しようと動くはずです。

何をすれば喜ぶのかを知りたいと思って
まず好きな相手はどんな人なのか
興味を持つと思います。

 

信頼を獲得するために、まずは
「相手に興味を持つ」ことを
意識してみましょう。

 

今日からやるべきこと

 

だいさんとお話しする中で
非常に多くのことを学ぶ事ができました。

 

今回の記事で取り上げた
「継続して稼ぐためのお話」以外にも

セールスの本質的なお話や
お客さんを行動させるコツなど。。。

そのどれもが
僕の欲しいと思っていた情報ばかりでした。

 

ふと思い返すと、話の最初に

「最近元気に生活できてます?」

「なべしんさんは今後、最終的に
 どうなりたいと思ってる?」

といったように
僕自身に関心を持って
聞いてくれていました。

 

自分に足りてないのは
圧倒的に「人に興味を持つこと」だな
って痛感してます。

 

僕も個人的に
コンサルをしている人がいますが

教え子さんのこと
表面的には色々と知っているけれど

深いところまでは
全然知らなかったのかも・・・
と反省中です。

だいさんは、教え子さんのことだけでなく
フォロワーさんのことまで

家族のようにいっつも考えていて
見習わなきゃ!って強く思いましたね。

 

だいさんから継続的に物が売れ続けるのは

お客さん一人一人に
関心を持っているからこそ生まれる
「強い信頼」があるからなんだなって。

実際に話して強く感じる事ができました。

 

ビジネスをやる上で絶対に必要な
「信頼」を獲得するために

今日から周りの人たちって
いったいどんな人なんだろう?

と関心を持つことから
始めてみましょう!

 

僕のブログを読んでくれている人は
いったいどんな人だろう?
ってすごく興味があるので

感想など送ってもらえれば
すごく嬉しいです!

 

改めてだいさん!
本当にありがとうございましたー。

 

今度Twitter上でだいさんと
コラボラジオする予定なので
密かに楽しみにしています笑

 

 

P.S

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

スキル0、知識0、人脈0の

へっぽこブロガーだったぼくが

会社に依存することのない

自由な生活を手に入れた!!

【なべしんの公式LINE】では

ネットビジネスの情報をギュッと凝縮した

登録者限定の特典もご用意!

無料で登録できるので是非!

↓  ↓  ↓

友だち追加

現在300名以上の方に登録いただいて

毎日のように相談に乗っていますので

みなさんもご気軽に連絡・ご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です