知らなければ8760時間損をする!?『稼ぐための情報発信』とは

どうも、なべしんです。

 

今日のお話は
『情報発信』について。

 

今日の記事さえ読んで貰えば

あなたの情報発信に対する意識は
180度…いや、270度変わる!

そう言っても過言ではありません。

 

『真の情報発信とは何か…?』

 

今回の記事を通して
あなたは衝撃的な事実
目の当たりにすることでしょう。

 

 

今回の記事の内容はあまりにも強烈で

あなたが今行っている運用方法と
ギャップが大きすぎて

ショックに耐えられなくなる
可能性もあるのです。

 

 

しかし、今回紹介する運用方法を
徹底的に実践していけば

どんな商品やサービスであっても

 

「あなたからなら、買いたい!」

 

そう思わせることが
できるようになります。
最強のビジネスですね!

 

1いいねしか
つかないようなアカウントであっても
ある意識を持っているだけで

あなたは何百いいねもつく
インフルエンサーよりも
稼ぐことだって可能になるのです。

 

 

逆にいいねやリプが伸びているから
といって稼げるわけではありません…。

事実、僕の周りにも
毎回100いいね以上ついているような人でも
全然稼げていない。

…なんて人はたくさんいるわけです。

 

 

毎日多くの人にリプするだけで
1日2時間以上消費。

 

多くのインフルエンサーの通知を
全てオンにして

ピコピコ通知が鳴るたびに
スマホを開いて
いいね、リプ、いいね、リプ…。

 

以前は僕もフォロワーを伸ばすために
毎日のようにリプをして
いいねを押しまくって

とにかくフォロワーを伸ばす事だけ
集中して稼働させていました。

 

たしかにフォロワーは順調に増えましたが
自分の商品の売り上げが
伸びることはなかったのです…。

 

 

『情報発信で稼いでいきたい』
そう思っているのに

フォロワーだけ伸びて
売り上げが伸びなければ本末転倒ですよね。

 

なので今回の記事は
『SNSを通して稼いでいきたい』

そう思っている人は是非最後まで
読んでいってくださいね!

 

稼ぐための情報発信とは?

 

ズバリ結論を言います。
それは…

『ファンが作れるようになること』

さらに細かく言うと
「この人だったら
 お金を払ってでも付いていきたい」

と思われるようになることです。

 

 

「みんなから応援されたい!」

と言ったような
承認欲求とは少し異なり

 

ファンが付いてくるように
“自分の発信に対する意識”を変える
ということです。

 

なのでファンを作るために
わざわざ自分を偽ったり

キャラを作っていく必要は
一切ありません。

 

ファンを作ることは
最強のビジネスです。

 

某ネズミの遊園地なんて
すごくいい例ですね。

 

 

中には年間パスポートを買って
毎週のようにテーマパークに訪れて

累計して何万、何十万円と
グッズを買い漁るファンもいるくらいです。

 

「なんでキャラクターが載った
 ポップコーンの容器が1500円するんだよ」

 

と思ってしまいますが
ついつい買ってしまうのです。
(毎回訪れるたびに買っちゃってます…)

 

ファンビジネスは

「この人だから」「このキャラだから」

と言う最大の付加価値を付けて
どんなものでも売ることができる
最強のビジネスモデルなんですよね。

 

 

では、なぜ某夢の国では
あんなに多くのファンが付くのでしょうか?

すごく不思議ですよね。

 

ですが、その答えは案外すごく単純で
あなたも知っていることかもしれませんが

『コンセプトを意識した
 発信をすること』
です。

 

 

「え??それだけ??」

「いや、情報発信する上で
 コンセプトくらい決めとるわ!!」

 

そう言いたくなるかもしれませんが
本当にコンセプトが
決められているのでしょうか??

 

少し不安になった人は
一緒に見直してみませんか?

 

コンセプトを設定しよう

 

ビジネスをかじっている人なら
嫌でも耳にするであろう

「コンセプトの設定」
「ターゲットの選定」
「ペルソナの設定」

それぞれ意味合いとしては
異なりますが今回は
アカウントのコンセプトという括りで

早速一緒に見直していきましょう!

 

まずターゲットを
決める上で必要な要素は大きく分けて

 

  1. 誰に
  2. 何を
  3. なぜ
  4. ゴール

 

以上の4つに分かれます。

上から①〜④順番に
設定していきましょう。

 

①誰に

 

ここでは、あなたが
ターゲットとする対象の情報
細かく設定しなければなりません。

 

また『発信の軸』はここで決まるので
超重要なパートです。

 

 

ここがズレていたら
野球のことをサッカー部に熱弁するくらい
無意味な発信をしてしまうことになります。

 

『誰に』
このパートで決めておくべき情報は

  • 悩み
  • 現状
  • やっていること


などなど…。
年齢や家族構成などもここに含まれます。

 

ちなみに、以上の中で
特に大切なものってなんだと思います??

 

・・・・

 

そう、“悩み”ですね!

正解できなかった人は
廊下に立っててください。

 

この”悩み”が本当に大切!!!

 

ターゲットの設定がズレている人の
要因のほとんどが悩みのズレです。

 

 

さっきのサッカー部の話で説明すると
悩みがずれている人は

 

力強いシュートが打てない!
と悩んでいるサッカー部員に

ドリブルのやり方を
熱弁している感じ。

 

たしかに方向性的には
同じサッカー関連なので大丈夫なんですが

悩んでいる人からしたら

「いや、そこじゃない!!」
ってツッコミをいれたくなるんです。

 

 

さすがにサッカー部の話は極端な例ですが

Twitterをみていると結構多くの人が
悩みとズレた発信をしているんですよね…。

 

僕もそのうちの1人でした。

 

僕含め多くの人は

ターゲットは「ブログで挫折した」
という悩みがある。

…で終わってしまっているのです。

 

しかし、よくよく考えてみてください。

 

「ブログに挫折した」と言っても

一体どこで挫折したのか?
なんで挫折したのか?

人によって挫折するポイントと
挫折した理由は異なりますよね。

 

 

大きな一括りにするのではなく

「50記事以上書いても
 どうして収益が出ないのか
 分からなくて挫折した」

ここまで詳しく
悩みを明確にすることが大切です。

 

悩みを明確にすることでようやく

「あ、この人は僕の理解者なんだ」

と一気にターゲットの心を
ワシ掴みにすることができるのです。

 

 

②何を

 

ターゲットがどうやったら
ゴールに近づくことができるのか。

について示してあげましょう!

 

ここではユーザー目線になることが
大切になってきます。

 

あなたはターゲットが
ゴールに近づくために最適な
手段を提示する必要があります。

 

「よし、じゃあ悩みを解決するために
 具体的にノウハウを…」

といきたいところですが
ちょっと待ってください。

 

本当にそれでいいのでしょうか?

 

 

よく有益そうな情報や実績ばかり
発信している人がいますが

果たしてそれは

ターゲットにとって
役に立つことなのでしょうか?

 

僕はずっと疑問に思っていました…。

 

ノウハウを発信したところで
そもそも受け手が挫折していたり

稼げないという
マインドブロックがあるのに
実際に動く人なんていない。

 

過去の僕は90記事以上
ブログを書いているのに全然稼げないので

「もうブログ自体稼げないんだ」

と思っていました。

 

そんな僕に対して
新しいブログのノウハウが見つかったとか
こうすれば稼げるんだよ…

と力説しても聞き耳すら持たないのです。

 

 

その前にはまず
「ブログは正しい勉強方法で
 こういったマインドを持っていないから
 稼げないんだよ。」

心を立て直すことから
始めなければならないですね!

 

なので『何を』を決める際には
ノウハウだけでなく

悩みに対して、まずどのようにすれば
動くことができるのか?

という側面からも考えていきましょう!

 

③なぜ

 

なぜを設定する理由。
…そう、理由付けですね!

 

人によってこの『なぜ?』が
なくても動ける人もいます。

 

先輩から「これやっておいて」
と言われて、何も考えず二つ返事で

「はい!!」
と答える人に対しては
理由なんて特に必要ありません。

 

…しかし、僕のように
なんでも理由を考えてしまう

論理大好きマンに対しては
しっかりと理由を説明する必要があるのです。

 

 

この記事だってそうです。
「なぜ俺が読まなきゃならないのか??」
その根拠やメリットを示さないと

僕のような人間は絶対に動きません。

 

発信する理由に関しては純粋に
信頼を獲得するという意味でも
明確にしておく必要がありますね!

 

 

ここでワンポイントアドバイスですが
発信する理由に関しては

自分のメリットもそうですが
相手のメリットも考えられている方が
受け手は自然と動きやすいです。

 

ちなみに僕が発信している理念は

「たくさんの情報に迷わず
 自由な働き方を知って

 趣味を楽しむ時間を増やし
 その趣味について僕にも教えて欲しい」

というものです。


自由な時間を手に入れて
趣味を楽しんでいる人から
遊びに誘われることで

友達が少ない僕の悩みを解決できる。

これが僕のメリットです。

 

 

相手のメリットとしては

会社員以外の
自由な働き方を知ることができて
趣味の時間に没頭できる。

というものですね!

 

 

もしこれが
「俺が稼ぎたいから発信してるんや」

という理由だと
さすがに受け手も
しかめっ面になってしまいますよね…。

 

 

正直最初のうちは
「稼ぎたい」という
理由しかないかもしれませんが

 

発信・他者貢献をすることの
楽しさがわかれば

自然とWIN-WIN
考えられるようになるので

あくまでワンポイントアドバイス
程度に考えてください!

 

④ゴール

 

あなたのターゲットが目指している
理想の姿・目標ですね。

 

 

情報発信をする中で

一番壁にぶつかりやすい
ポイントでもあるので
注意して設定していきましょう!

 

このゴールを設定すると

「情報発信すると言っても
 まだ理想を叶えられていないし…」

「実績なんて何もないし
 僕なんかが発信してもいいのかな?」

自信を無くしてしまう人が
非常に多いです。

 

 

ですが、大丈夫。
今回の話を思い出してください。

「ファンが作れるようになること」

でしたよね?

 

あなたが理想の姿を叶えようとしている
途中だからこそファンがつくのです!

 

たしかにあなたの理想の姿を
叶えている人の情報は
すごく有益なものに思えます。

 

しかし、距離が離れすぎていて
「あの人は特別だから…」
「昔と今では時代が違うでしょ…」

他人事のように思ってしまうのです。

 

 

なので応援する対象というより
崇拝する存在…
神様のような存在になってしまいます。

 

逆に距離的には少し近い。けれど
自分より先を進んでいる人については
どうでしょうか?

 

スタート地点は似ているし
悩みもすごく共感できる。

この人の距離なら届くかも!
再現性を実感することができるのです。

 

 

だからこそ、この人の真似をすれば
この人の過程を見ていれば

僕も変われるかもしれない!
そう言った感情が出てくるので

過程や努力見守ってくれる
ファンが生まれるのです。

 

 

実績は問わず、ターゲットより
一歩、半歩でも先に進んでいれば
堂々と発信していきましょう!

 

あなたにもファンは付いてくる!

 

ここまで一つ一つ
ターゲットの選定から
説明してきましたが

あなたのコンセプトは
しっかりと出来上がりましたか?

基礎に立ち返ってみると
見直すべきポイントが見つかったのでは
ないでしょうか。

 

僕もそうでしたが
情報発信をしていく目的を見失ってしまい
意識の面から見直すこともなく

「とりあえず
 みんながやっていることをやろう」

そう言って大量にリプやいいねをして
時間だけを消費してきました。

 

 

目的がずれていたんですよね。

 

稼ぐための運用とは違って
伸ばすための運用をしてきた。

だから伸びはしたけれど
全然稼げなくなってしまいました。

 

気づいた時にはもう1年です。
時間に直して8760時間…
そんな長い時間を無駄にしました。

 

 

この記事を読んでいるあなたには
そんな無駄な時間を
過ごして欲しくはありません。

 

情報発信を通して稼いでいきたい!

 

そう強く思っているのであれば
稼ぐためには、どのような状態に
ならなければならないのか?

と言ったところから
考えていきましょう。

 

 

考えた結果、僕と同じく
「ファンができるような人になる」
と答えが出たなら

 

またこの記事を
読んでもらえれば嬉しいです。

 

では、今日はこの辺で!

 

P.S

この記事を読んで
ターゲットを設定したけれど

正しくできているのか
分からないという人は

公式ラインの方で
「ターゲット添削」
メッセージ頂ければ添削するので

気軽にメッセージくださいね!

 

友だち追加

 

せっかく記事を読んで設定して
それがズレていたら

すごく勿体ないので
遠慮せずに言ってください!

 

 

P.S

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

スキル0、知識0、人脈0の

へっぽこブロガーだったぼくが

会社に依存することのない

自由な生活を手に入れた!!

【なべしんの公式LINE】では

ネットビジネスの情報をギュッと凝縮した

登録者限定の特典もご用意!

無料で登録できるので是非!

↓  ↓  ↓

友だち追加

現在300名以上の方に登録いただいて

毎日のように相談に乗っていますので

みなさんもご気軽に連絡・ご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です